院内感染症予防対策 - sterilization -

当院の徹底的な滅菌について

神谷歯科クリニックは、
医院内感染防止対策促進協議会 届済医療機関 です。

患者さまの前に準備される器具は、滅菌において多くの工程に手間をかけ、地味な作業を毎日毎日繰り返し、多くのスタッフの協力で「見えない信頼」を得るために努力しております。

当クリニックでは、クラスSの滅菌器を使用しています。クラスSの滅菌器は、中を真空にして細かい内部の構造まで蒸気を行きわたらせ、確実に滅菌します。

手術着、手袋、マスク、注射針、麻酔液カートリッジ、メス等はもちろんのこと、患者さんのエプロン、コップ等も出来る限りディスポーザブル(使い捨ての物)を用いています。

神谷歯科クリニックの現場の画像で滅菌工程を掲載いたします。

1.洗浄

洗浄

すべての使用済みの器具に、しばらく水を流し見えない血液・菌を水と一緒に流し、その後1つ1つ洗います。

洗浄

洗いきれなかった汚れを専用の洗浄液の中に入れ、超音波の振動で落とします。

2.減菌

高温滅菌の場合

132度の高温加圧蒸気滅菌をする為の準備を行います。
そして保存袋に入れ高温滅菌します。
その後、菌の進入を防ぐ為、使用寸前まで袋に入れたまま保管します。

 高温加圧蒸気滅菌器

神谷歯科クリニックでは5器の高温加圧蒸気滅菌器を使用しています。
下記はその種類を紹介します。

Lise(クラスBオートクレーブ

従来の高圧蒸気滅菌器では複雑な形状の器材や歯を削る機械を包装して滅菌する際に、内腔に残る空気の為に蒸気が届きにくく、滅菌が不十分になる場合があります。

クラスBのLisaでは、細部の空気が抜かれ高温の蒸気が確実に浸透し、十分な滅菌が可能です。

減菌 減菌

 エアタービン

タービンは、患者さんごとに全て一本一本滅菌済みの物を使用しています。
院内で使用する全てのタービンを個々にパッキングし、タービン専用滅菌器(プチクレーブ)にて滅菌処理しています。

エアタービン エアタービン
パックして滅菌、
ドリルは別に滅菌

神谷歯科クリニックでは、タービンなどのハンドピースが確実に滅菌されているか確認する為に、滅菌バックの中にテスターを入れて管理しています。テスターの色が変わると滅菌されていることを表しています。

テスター 滅菌バックの中にテスター

 その他器具

・・・

注射器は外筒のみ
滅菌。針と麻酔薬は
ディスポで1人1人
使い捨てです。
PMTC用器具
歯石を取る
インスツルメント
技工用バー
歯面研磨用具
抜歯鉗子 歯型をとるトレー
技工用バー 根の治療用器具
歯を削るドリル インプラント用
手術器具

ガス滅菌の場合

プラスチック製の高温で変形してしまう器具、蒸気でサビてしまう器具は、ガス滅菌します。

3.保管

滅菌後の器具は保管庫の中に入れ、紫外線で菌の進入を防ぎます。

印象用トレー保管  外科器具の保管
 保管庫の扉を
 開けた写真です。
 紫外線殺菌中

徹底的な滅菌対策:
神谷歯科クリニック
静岡県富士市今泉3983-14


▲トップに戻る