インプラント症例

一般的な治療方法、手順をご紹介致します。

CASE 1

無歯顎症例

60才代の方です。まったく歯がありません。従来の総入れ歯を使用されていました。食事でかむたびに入れ歯が動き、長い間不自由さを感じていました。上顎は長い間の入れ歯だった為、骨の厚みがなくなってインプラントは不可能でした。下顎の骨の厚みは可能な状態でした。

矢印
インプラント埋入

下顎にインプラント(人工歯根)を埋入しました。これで、まったく歯がなかったところに歯の土台が固定されました。ここに人工の歯を乗せ、しっかりと固定します。従来の入れ歯は歯がまったくない場合、歯肉に乗せるしかありませんでした。

矢印
インプラント植立

下顎の人工歯です。インプラントの上にキャップを入れてあります。

矢印
インプラント義歯

従来の入れ歯のように見えますが、大きな違いは中央の黒く見える部分(実際は銀色)を上図の埋入したインプラント (人工歯根)に乗せ、しっかりと固定します。これが動かない理由です。

矢印
上下総義歯

インプラントの上に取り外し式の入れ歯が入りました。総入れ歯が安定してしっかり噛めるようになりました。

矢印
下顎義歯

インプラントが土台の下の総入れ歯が入りました。

従来の入れ歯は、噛む力も自分の歯に比べ弱く、唾液の量も減ります。かむ事は脳に刺激をあたえ 、ぼけ防止になり、唾液はがん細胞の増殖を抑え、栄養分をより効果的にする大切な役割をしています。

従来の入れ歯
従来の入れ歯
矢印
インプラント固定義歯
インプラントで固定されています。

CASE 2

上顎 治療前

上顎 治療前

前から見た状態 治療前

前から見た状態 治療前

矢印
上の顎 インプラント後

上の顎 インプラント後

矢印
上の顎 最終的なオールセラミックセット

上の顎。最終的なオールセラミックの歯が入ったところ。

上下とも治療の終わった状態。

上下とも治療の終わった状態。メインテナンスに入ります。

CASE 3

下顎

下顎 無歯顎

治療前。歯が何もありません。

矢印
インプラントの埋入後

インプラントの埋入後

矢印
セラミッククラウンブリッジ セット

セラミッククラウンブリッジ セット

治療後。前から見た状態

治療後。前から見た状態

上顎

上顎 歯が4本しかない

治療前。歯が4本しかありません。

矢印
矯正治療で歯の位置を修正。

歯周治療の後。矯正治療で歯の位置を修正。

矢印
インプラント埋入

インプラント埋入の状態

矢印
セラミッククラウンブリッジ セット

セラミッククラウンブリッジ セット

前から見た状態

治療後。前から見た状態

レントゲン写真

治療前

治療前
矢印

治療後

治療後

CASE 4

術前

症例
矢印

術後

術後


術前

術前 レントゲン
矢印

術中

骨を作っている途中

骨を作っている途中
矢印

術後

術後

CASE 5

右下奥歯に歯がない

右下奥歯に歯がありません。

矢印
インプラント

普通なら前後の歯を削り、被せてつなぐブリッジにしますが、インプラントすることにより自分の健康な歯を大きく削る必要は無くなり、歯を長持ちさせることができます。

かみ合わせから見た状態

上と同一人物のかみ合わせから見た状態。

矢印
インプラントにより、固定式の歯が入る

左下は普通では取りはずしの入れ歯しか入りませんが、インプラントにより、固定式の歯が入りました。

CASE 6

虫歯の歯は抜歯

虫歯でぼろぼろの歯は抜きます。

矢印
歯の無いところはインプラント

歯の無いところはインプラントで補います。

CASE 7

残せる歯は残す

虫歯でも、残せる歯はなるべく抜かずに治療して残します。

矢印
右下奥歯はインプラント

右下奥歯はインプラントで歯を作りました。

CASE 8

上の歯が下がってきています

左側は下の歯がないので上の歯が下がってきています。

矢印
下の歯の無い部分にはインプラント

歯の高さをそろえて、下の歯の無い部分にはインプラントで歯を入れました。

CASE 9

右上犬歯・第一小臼歯がない

右上犬歯・第一小臼歯がありません。

矢印
インプラントで2本分の歯

インプラントで2本分の歯を作りました。

CASE 10

右上奥歯がない

右上奥歯がありません。普通なら取り外しの顎つき入れ歯しか入りません。

矢印
インプラントしたことで固定式の歯

インプラントしたことで固定式の自分の歯に近い義歯が入りました。

CASE 11

左右の奥歯がない

左右の奥歯がありません。普通では左右つながった取り外しの入れ歯しか入りません。

矢印
インプラントで固定式の義歯

インプラントで固定式の義歯ができました。自分の歯に近い感じで食事ができます。

CASE 12

右下の奥歯がない

右下の奥歯がありません。奥歯は食物を噛むのにとても大切な歯です。

矢印
インプラントでしっかり噛める

インプラントでしっかり噛めるようになり、自分の残りの歯の負担を少なくできました。

CASE 13

インプラントを埋め込んだレントゲン写真

前歯1本がないところにインプラントを埋め込んだレントゲン写真です。

矢印
最終的な歯が入ったレントゲン写真

最終的な歯が入りメンテナンス中のレントゲン写真です。

CASE 14

前歯1本が無い状態

です。通常は前後の2本の歯を削ってブリッジにしますが、インプラントをすることにより、健康な歯を削る必要はなくなります。

矢印
インプラント植立

インプラントが埋め込まれて安定した状態です。

矢印
ンプラントに固定式の歯が入ったところ

インプラントに固定式の歯が入ったところです。健康な自分の歯を守る事ができました。

CASE 15

左下奥歯がない

治療前、左下奥歯がありません。

矢印
インプラント手術後の土台

インプラント手術後土台を立てたところです。

矢印
固定式のセラミックの歯が入る

固定式のセラミックの歯が入りました。

インプラント症例:
神谷歯科クリニック
静岡県富士市今泉3983-14


▲トップに戻る