よくかめる入れ歯

あなたに合った自然な入れ歯で、笑顔があふれる楽しい人生を。

義歯イメージ

多くの人々は、いずれ歯が抜け、自分にあった入れ歯を入れる事になります。

年齢を重ねても魅力的で生き生きとしていたいと願う方は、その活動的なライフスタイルに合う入れ歯を選んでいます。

シニア世代は、良い入れ歯を選ぶ事で外見が良くなると自信を持つようになります。また入れ歯の品質に感謝し、人生を満喫できるようになるでしょう。

BPS 生体機能的補綴システム

BPSは、患者さんの要望に応える為に開発された、入れ歯を作るシステムです。

入れ歯の重要な役割は健康な時と同じように話をしたり、食事ができたりする事です。

BPSの入れ歯は高品質な材料で製作され、BPS認定歯科医師と歯科技工士による協力体制で患者さんの様々なご要望にお応えします。

部分床義歯

部分床義歯

クラスプ(とめ金)を介して健康な歯に装着する取り外し式ができる入れ歯です。

コンビネーション義歯

コンビネーション義歯

固定式と取り外し式を組み合わせた入れ歯です。
取り外し式の入れ歯は、クラスプ(とめ金)や磁石等を介して固定式のクラウンやブリッジ、健康な歯に装着します。

インプラント義歯

セラミッククラウン治療前

インプラントによって支持される入れ歯は、装着がとても快適です。

ハイブリッド義歯

ハイブリッド義歯

歯科医が健康な歯を削り、リテーナーを装着します。
取り外し式のハイブリッド入れ歯は、リテーナーを介して装着します。

総義歯

総義歯

入れ歯は顎堤(あごの骨)によって支持されます。
上の入れ歯は自然な吸着によって維持されます。

入れ歯の種類

よく質問されます保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い等についてご説明します。
入れ歯の床には、レジン床金属床の2種類があります。

レジン床

  • ・保険でできる治療

金属床

  • ・保険でてきない治療
  • ・レジン床に比べ1/3の薄さで仕上がるので、舌触りもよく異物感が少ない。
  • ・食べ物の温度が伝わるので、食事がおいしく感じられます。
  • ・強度が強いので変形が少ない。
  • ・レジンと比べ噛む力でゆがまないので、自分の歯に負担がかからず歯を保護することになります。

レジン床と金属床を比較した場合 金属床のメリット図

金属床 薄くて快適
金属床 温度が伝わる
金属床 歯に優しい

金属床の種類

金属床義歯

写真左が総入れ歯、写真右が部分入れ歯です

ゴールド床

金属の部分がゴールドで腐食による変色がおこりません。精密な加工を行いやすい金属で、身体に優しい素材です。

チタン床

近年話題の最先端金属です。腐食せず軽い、アレルギー反応を起こしにくい、優しいチタンを使用。清潔で美しい状態を永く保つこともできます。

コバルト床

最も歴史のある素材。
熱伝導もよく清潔で美しい状態で、永く快適に使用できます。

よくかめる入れ歯:
神谷歯科クリニック
静岡県富士市今泉3983-14


▲トップに戻る